シロクマベーカリー

*

食パンの「~枚切り」、どのくらいの厚さ?

     - お知らせ

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。

前回のブログでご紹介した「キタノカオリ食パン」。スライスご希望のお客様には、お好みの厚さをお尋ねしています。

厚さバー

レジの横に、厚さが分かるバーをご用意していますよ。

厚さバー

食パンの単位は「1本」「1斤」「1食」「1枚」などが混在していて、分かりにくいもの。

お店によって多少違いますが、シロクマベーカリーでは、焼型そのままの大きさを1本。1本を1/3にカットしたものを2食、さらにその半分を1食と呼んでいます。

キタノカオリ食パン

上の写真が1本で・・・

キタノカオリ・スライス

こちらが1/3本=2食です。向かって左から、4枚切り、5枚切り、6枚切り、サンドイッチ用の10枚切りですよ。

ちなみに「~切り」というのは厚さの目安ですので、サイズの違う食パンを切った場合には、枚数が違ってきます。たとえば、下の天然酵母食パンを「6枚切り」すると、「9~10枚」になるので、6枚にしてほしいということでしたら、「6等分」になりますよ。

天然酵母食パン

文章にすると何だかややこしくなってしまいますが、スタッフにお気軽にお尋ねくださいね。ご希望、しっかり承ります♡

★おまけ★

鎌野さん

シロクマベーカリーに入って、食パンの美味しさに目覚めた高校生スタッフの鎌野さん。学校で、キタノカオリ食パンを生のまま食べていると、何も付けないの~?とクラスメートにびっくりされるんだそうです。でも、職人チームのおすすめも「まずはそのまま生で」。

トーストにもサンドイッチにも万能に使えるキタノカオリ食パンですが、やわらかい皮と、しっとりとしたきめの細かい生地は、そのまま召し上がっても、とっても美味しいです。北海道産小麦の味と香りを存分に楽しんでくださいね。