シロクマベーカリー

*

蟹とロブスターのサンドウィッチ【東京・小田急ホテルセンチュリーサザンタワーさん】

     - オーガニックパン

【2017年8月の記事です】

 

サウスコートさん

 

 

 

 

 

 

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。
ただいまシロクマベーカリーのオーガニックパンが、東京の小田急ホテルセンチュリーサザンタワーさんでお洒落なサンドウィッチになって提供されています。
中身は贅沢な蟹とロブスターです。
2017年8月16日(水)から9月30日(土)まで、20階のラウンジ「サウスコート」でお召し上がりいただけます。
大きく開けた一面の窓から見えるのは新宿の高層ビル群、都会の風景を楽しみながらゆったりとくつろげます。

 

蟹とロブスターのサンドウィッチ 野菜とアイヨリマヨネーズソース

北海道・新篠津村(しんしのつむら)のファーム田中屋さんが丹精した有機小麦「はるきらり」で焼いたオーガニックコッペパンが、

 

オーガニックコッペパン

 

 

 

 

 

 

 

小田急ホテルセンチュリーサザンタワー料理長・岡本省三シェフの手により、このようにドレスアップしました!

★蟹とロブスターのサンドウィッチ

 

 

 

 

 

 

蟹とロブスターの身が贅沢に入り、さながらフレンチの一皿のようです!

召し上がったお客様に感想を伺ったところ、
「豪華でプリっとした食感のロブスターと蟹、濃厚なアイヨリマヨネーズソースがとても良く合います。パンが美味しいので、具が無くなっても最後の一口まで美味しくいただけます」と嬉しいお言葉をいただきました。
ちなみにアイヨリソースとは、ニンニクを隠し味に効かせた南フランス発祥のソースです。

ランチセットは、スープと食後のお飲み物(コーヒーor紅茶)が付いて2300円(税込)です。

街の喧騒をしばし離れて優雅なひとときを過ごしませんか。

 

シロクマベーカリーのオーガニックコッペパン

では、サンドウィッチの土台になっているオーガニックコッペパンの製造風景をご紹介します。
材料は、有機小麦「はるきらり」とホシノ天然酵母、オーガニック砂糖と少量の塩。
作っているのは、長年北海道産小麦のパン作りに携わり、今なお研鑽を重ねる職人歴40年の川中龍雄です。

 

                              

 

パン作りはけっこうな力仕事で、女性の職人も力こぶができるほど。
小気味よくかたちになっていくので何だか簡単そうに見えてしまうのですが、熟練のなせる仕事です。

 

コッペパン窯入れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コッペパン窯出し

 

 

 

 

 

 

 

 

ふっくらと、きつね色に焼きあがったコッペパンです。
「具材の味もパンの味も並び立つので、サンドウィッチにぴったり」と川中は笑顔で話します。

オーガニックパンは他に、食パン、カンパーニュ、ロールパン、ベーグルを作っています。
購入してくださるお客様の動機はさまざまですが、いくら安心な素材でも口に合わないと食事の楽しみは半減してしまいますよね。

有機小麦「はるきらり」がもつ味と香り、もっちりした食感。
通信販売で全国にお届けいたしますので、お口に合うかどうかお試しいただけましたら幸いです。

今後もパンの種類を増やしたり、小田急ホテルさんとのコラボレーションのような素敵な企画で、たくさんのお客様の笑顔に出会いたいと思います。