シロクマベーカリー

*

「オーガニックライフスタイルEXPO」に出展しました!

     - オーガニックパン

【2017年8月の記事です】

シロクマベーカリーブース

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。
この夏は猛暑の北海道でした。
7月中旬には全国でもっとも高い気温を記録するなど、稀にみる暑さ。
おかげで、今回の東京滞在はラクに感じたほどです。

さる2017年7月29日(土)・30日(日)に東京国際フォーラムで開催された「第2回オーガニックライフスタイルEXPO」に、シロクマベーカリーも出展しました。
昨年11月に初回が開催されてから8か月ほどですが、その間にもオーガニックは様々な分野に拡がり、進化していました。

 

多彩なオーガニックワールドにワクワク!

オーガニックライフスタイルEXPO会場

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の東京国際フォーラムは、有楽町駅から東京駅付近までまたがる大きな施設です。
国内外から集められたアートや、年間を通じて開催される様々なイベントが楽しめます。
建物は骨組みが現しになったガラス張りで、とても明るく素敵な場所

「第2回オーガニックライフスタイルEXPO」は、昨年同様、広い地下の展示ホールで開かれました。
オーガニックに関連する企業や団体、生産農家が出展し、約250ものブースが並びました。

 

味

 

オーガニックといえば、有機野菜がいちばん身近でしょうか。
日本のオーガニック市場は世界に比べて規模が小さいですが、最近は一般の大手スーパーでも有機野菜を扱っています。
慣行栽培品との価格の差も、だんだん縮まってきているように思います。
近所のスーパーでは、収量の多い時期に、有機のきゅうりが5本で198円と手ごろな価格で販売されていました。

有機農業は化学農薬や化学肥料を使わないため、大変な手間がかかります。
シロクマベーカリーのオーガニックパンの原料である有機小麦を育てているファーム田中屋さんの畑でも、雑草を人の手で一本一本抜いています。
そういったご苦労を目の当たりにすると、オーガニック商品は決して高すぎるわけではないと分かりますが、消費者としてはやはり価格がネックになることも。

もちろんどんどん安くすれば良いというのではなく、生産者の方がきちんと利益を確保できる価格で販売し、なぜこの価格なのかを消費者に説明し理解してもらうことが必要です。
オーガニックの理念や商品特性に共感してくれる人だけでなく、オーガニックのことをよく知らない層にも購入してもらうことで、ゆくゆくオーガニックの意味や目指すところが一般に浸透していくのではないでしょうか。
そして、需要が増えると有機農家さんの生活も安定し、今後、有機農業に取り組みたいと思う方も増えると思います。
需要が増え、生産が増え、海外のオーガニック先進国の商品と同等の手ごろな価格でオーガニック商品が販売されるようになると嬉しいですね。

私も微力ながら、情報発信を通じてこの流れをつくるお手伝いができたらと思います。

 

SHARE THE LOVE

 

さて、オーガニックは食べものだけではありません。
エシカルコスメ(人間だけでなく、環境や動物などへの配慮がされているオーガニック化粧品)や、オーガニック素材で作られた洋服・肌着もあります。
緑いっぱいの自然を感じさせるブースや、

 

みんなでみらいをさん

 

アバンティさん

 

アーティストが手掛けたTシャツを印象的にディスプレイしているブースもありました。
とてもお洒落で、たとえオーガニックに関心がなくても、デザインが好きという理由で手にとる方もきっとたくさんいますよね。
お客様の間口が広がり、結果的に多くの人にオーガニックに触れてもらえる。
素敵なことだなぁと思います。
私たちシロクマベーカリーのオーガニックパンも、「安心安全」を踏まえたうえで、やはり「美味しさ」を大切にしています。
美味しくなければ食事の楽しみがなくなってしまいますものね。

 

natural×funeral

 

オーガニックはこんな分野にも・・・とハッとしたのが、こちらです。
自然に人にやさしいお葬式が紹介されていました。
たとえば棺は、違法伐採の可能性がある熱帯雨林の木材の合板ではなく、間伐材を使用しているそうです。
海外では、オーガニックは「持続可能な未来のため、地球環境や生物多様性を保全する」という視座で語られますが、日本では「自分の健康や美容のため」という方が多いように思います。
どちらも良いと思いますが、こちらのブースを見て、自分がいなくなったあとの地球や命のことに思いを馳せ、それをお葬式という人生最期の場面で示せるのだなぁと考えさせられました。

 

シロクマベーカリーのブースをご紹介します!

シロクマベーカリーのブースです。

シロクマベーカリーブース

 

 

 

 

 

 

シロクマベーカリーのシンボル「白き熊」といっしょにお客様をお迎えしました。
実はこのシロクマ、ホッキョクグマではなく、北の森に棲む大地の守り神です。
会期の2日間、多くのお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。
試食での「美味しい!」の声が何よりの励みになりました。
また、当店のSNSをご覧いただいている東京の皆さまにもお目に掛かれて、とても嬉しかったです。
北海道を遠く離れた地にも応援してくださる方々がいることに胸がいっぱいになりました。

オーガニックの情報サイト「オーガニックプレス」さんの佐藤編集長もお立ち寄りくださいました。
サイトには弊社の情報も掲載しています。
オーガニックのトレンドをいち早くキャッチできるサイトです。

日頃ご縁を結んでいる方々にお会いでき、また、新たな出会いもたくさん生まれた有意義なイベントでした。
心から感謝申し上げます。
主催者の発表によると、7月29日(土)の来場者数は11.787名、7月30日(日)は10.511名。
雨天にもかかわらず、大盛況でした。

 

オーガニックパン(第2回ライフスタイルEXPO)

 

シロクマベーカリーのオーガニックパンは、北海道・新篠津村の田中哲夫さんが丹精した有機小麦「はるきらり」で作っています。
パンが出来上がるまでの全てのライン(ファーム田中屋・江別製粉・シロクマベーカリーオーガニックファクトリー)で有機JAS認証を取得しています。

おかげさまで本州でも取り扱ってくださるところが増えてきました。
シロクマベーカリーのオンラインショップでも全国にお届けいたしますので、どうぞお気軽にご利用くださいませ。

オーガニックライフスタイルEXPOレポート、いかがでしたでしょうか。
次回のブログは「秋の新作」です。どうぞお楽しみに!