シロクマベーカリー

*

オーガニックがいっぱい【クレヨンハウス東京店さん】

     - オーガニックパン

【2017年6月の記事です】

オーガニックパン

 

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。
日増しに暑くなりますね!
さて、今回のブログは、前回に引き続き東京編です。
シロクマベーカリーのオーガニックパンを販売してくださっているクレヨンハウス東京店さんをご紹介します。

 

クレヨンハウス東京店

クレヨンハウス東京店さん外観


作家の落合恵子さんが開いたクレヨンハウスさんは、今年(2017年)で40周年を迎えました。
絵本や児童書の専門店としてスタートし、主に子どもと女性にまつわる様々なモノ・コトを独自の視点で提案されています。
また、オーガニックの黎明期から、その紹介と普及に取り組まれ、オーガニックの食材や雑貨も豊富に取り扱っています。
今年から、シロクマベーカリーのオーガニックパンも地下1Fの野菜市場で販売しています。

市場には、野菜や果物、調味料、スプラウトの種まで、オーガニックの品々がずらりと並びます。
お目当てのものも、目新しいものも、スタッフさんに気軽に尋ねながら探せます。
4月の末に伺ったときには、木箱いっぱいのグレープフルーツやオレンジが店先を明るく彩っていました。
ワックスや防カビ剤を使っていないので、一般に出回っているつやつやしたものと比べると見栄えはしませんが、もちろん中身に遜色はありませんし、皮も安心して使うことができます。
冷たい飲み物に浮かべたり自家製ジャムを作ったり、皮も活躍しますよね。

 

シロクマコーナー

 

シロクマベーカリーのコーナーはこちらです。
スタッフさんの手作りPOPで素敵にアピールされていて、感謝の気持ちでいっぱいです。
販売を始めたころ、パンの納入日は週1回だったのですが、幸い好評をいただき、現在は2回に増やしました。
新鮮なパンをお届けしますので、どうぞお召し上がりくださいね。

野菜市場の隣のオーガニックレストランの入り口には、ランチどきともなると、ベビーカーがいっぱい。
妊娠や子育てをきっかけに、食べ物の安心安全について考えるようになった方も多いようです。
ランチはバイキング形式で、好きなものを取り分けられるのが嬉しいところ。
私もいただきましたが、素材の味を活かしたやさしい味付けで、旬の野菜がたっぷり摂れます。
お天気の日には、プランターの花々や緑が美しいテラス席もよいですね。
お買い物とお食事を楽しみに、ぜひお出かけください。

クレヨンハウス東京店

〒107-0061 東京都港区北青山3-8-15 東京メトロ・表参道駅より徒歩3分

 

シロクマベーカリーのオーガニックブレッド

クレヨンハウスさんでは、シロクマベーカリーで作っているオーガニックパンのほとんどを購入できます。
毎日の朝食には、基本の食パンがおすすめです。

★オーガニックブレッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道・新篠津村(しんしのつむら)のファーム田中屋さんですくすく育った有機小麦「はるきらり」を使い、山型に焼きました。
材料は他に、オーガニック砂糖とホシノ酵母、食塩。
北海道産小麦の特徴であるもちっとした食感と味わいが楽しめます。

 

はるきらり2017.5.18

 

 

 

 

 

 

 

今年2017年5月18日の田中さんの小麦畑です。
「はるきらり」が、太陽に向かい、着々と丈を伸ばしています。
7月初めにまた畑を見にいきますので、また、こちらのブログ等でその後の成長をお伝えしたいと思います。

シロクマベーカリーのオーガニックパンは通信販売でもお求めいただけます。
どうぞお試しくださいませ。