シロクマベーカリー

*

【日曜限定】米粉パンのおはなし

     - シロクマベーカリー

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。
リニューアルオープン後にはじめた日替わりパンの紹介を連載しています。
最終回の今回は日曜限定の米粉パンです!

日替わりパンを企画したのは、シロクマベーカリーの前身であるれもんベーカリー時代から製造の指揮をとってきた川中龍雄。
大学卒業後パン職人の道へ進み、パン一筋でこつこつとキャリアを積み上げ、今年(2019年)で43年になります。
そんな川中が焼くパンは、粉・水・酵母という基本の原材料と、発酵に重きをおいたシンプルなパン。
奇をてらわず、しかし現代にあった遊び心も忘れず、麦本来の味が楽しめるパン作りに日々いそしんでいます。

 

米粉パン

米粉は、その名の通り、米をひいて粉にしたもの。
米にはグルテンのもとになる成分が入っていません。
グルテンとはたんぱく質の一種で、パン作りにおいては生地をやわらかくしたりふわっと膨らませたりする大切なはたらきをします。
米粉をパンにするのはなかなか難しく、ともすれば、おにぎりのようになってしまうことも。
米粉パンに挑戦したいと思った川中は、米粉100%のパンを国内で初めて製造した新潟のパン屋さんにも研修に行きました。

 

★米粉パン

 

そして、製パン用の米粉にこだわらず、上新粉のような一般的な米粉を使って、より手軽に美味しいパンを焼けないかと考えるようになりました。
小麦粉と米粉をブレンドし、モチモチとした食感とふわっとしたやわらかさの両立を目指しています。
この生地で、食パン、ダッチロール(写真)、ピロシキなどを作っています。
ピロシキの具は和風なので、米粉生地との相性抜群!
米が主食の私たちの口によく合い、毎日の食事パンとしてぴったりです。