シロクマベーカリー

*

【金曜限定】ライ麦パンのおはなし

     - シロクマベーカリー

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。
リニューアルオープン後にはじめた日替わりパンの紹介を連載しています。
今回は金曜限定のライ麦パンです!

日替わりパンを企画したのは、シロクマベーカリーの前身であるれもんベーカリー時代から製造の指揮をとってきた川中龍雄。
大学卒業後パン職人の道へ進み、パン一筋でこつこつとキャリアを積み上げ、今年(2019年)で43年になります。
そんな川中が焼くパンは、粉・水・酵母という基本の原材料と、発酵に重きをおいたシンプルなパン。
奇をてらわず、しかし現代にあった遊び心も忘れず、麦本来の味が楽しめるパン作りに日々いそしんでいます。

 

ライ麦パン

ライ麦は小麦と同じイネ科の植物ですが、小麦の生育には厳しい寒冷な気候下や痩せた土壌でもよく育ち、ドイツや北欧では主食のパンに使われています。
ライ麦にはパンをやわらかくふわっと膨らませるグルテンになる成分がほとんど含まれていないので、ライ麦の配合を多くすると、目の詰まったどっしりしたパンになります。
ドイツパンと聞いて、いちばん先に思い浮かべるのが、ライ麦入りのこの硬いパンではないでしょうか。
一般にライ麦パンは、乳酸菌を含むサワー種を用いるため酸味があります。
そして、酸のはたらきで日持ちもします。

日本ではあまり馴染みがありませんが、小麦に比べビタミンB群・ミネラル・食物繊維に富んでいるため健康志向の方の注目を集めるほか、独特の風味や食感にファンもついているようです。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e9%ba%a6%e3%83%91%e3%83%b3

 

川中は、ライ麦の味わいが楽しめ、かつ日本人の口にもあう食べやすいパンにしようと、ライ麦30%の比率で焼いています。
使っているのはカナダのオーガニックライ麦。
「北海道産小麦と相性がいい、サクッと歯切れよく仕上がる」といいます。

おすすめの食べ方はチーズとの組み合わせです。
ハードタイプもクリームチーズも両方合いますよ。
ライ麦パンは低カロリーで噛みごたえがあるので、ダイエットにも役立ちそうですね。