シロクマベーカリー

*

【土曜限定】大麦パンのおはなし

     - シロクマベーカリー

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。
リニューアルオープン後にはじめた日替わりパンの紹介を連載しています。
今回は土曜限定の大麦パンです!

日替わりパンを企画したのは、シロクマベーカリーの前身であるれもんベーカリー時代から製造の指揮をとってきた川中龍雄。
大学卒業後パン職人の道へ進み、パン一筋でこつこつとキャリアを積み上げ、今年(2019年)で43年になります。
そんな川中が焼くパンは、粉・水・酵母という基本の原材料と、発酵に重きをおいたシンプルなパン。
奇をてらわず、しかし現代にあった遊び心も忘れず、麦本来の味が楽しめるパン作りに日々いそしんでいます。

 

大麦パン

大麦は小麦と同じイネ科の植物で見た目も似ていますが、大きな違いはグルテンのもとになる成分があるかどうか。
小麦にはありますが、大麦にはほとんどありません。
グルテンというのは、最近でしたら「グルテンフリー」の単語で知られることが多くなったでしょうか。
パン作りにおいては、生地をやわらかくしたりふわっと膨らませたりする重要な役目をはたしますが、一方で食物アレルギーの原因にもなり、グルテンを摂取しないグルテンフリーの食生活をしている方もいるようです。
大麦だけでパンを作ろうとすると、前述の理由から硬いパンになってしまうため、シロクマベーカリーの大麦パンは小麦80%、大麦20%程度の割合で作っています。

 

★大麦パン

 

川中は、グルテンがない大麦を使って美味しいパンを焼くために、湯種製法を選択しました。
大麦の粉を熱湯で茹でて糊状にしてから生地に加えることで、もっちりとした食感になります。
さらに大麦の風味を出すために、発芽大麦を焙煎した粉も混ぜました。

独特の香ばしさは男性からの人気も高く、毎週予約して購入する方もいらっしゃいます。
思えば、大麦はビールの原料でもあるのですよね。
大人の口に合うパンかもしれませんね!