シロクマベーカリー

*

【木曜限定】コーンブレッドのおはなし

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。
リニューアルオープン後にはじめた日替わりパン、皆様もうお試しになりましたでしょうか?
今回から一話ずつ、それぞれのパンにまつわるエピソードをお話したいと思います。

日替わりパンを企画したのは、シロクマベーカリーの前身であるれもんベーカリー時代から製造の指揮をとってきた川中龍雄。
大学卒業後パン職人の道へ進み、パン一筋でこつこつとキャリアを積み上げ、今年(2019年)で43年になります。
そんな川中が焼くパンは、粉・水・酵母という基本の原材料と、発酵に重きをおいたシンプルなパン。
奇をてらわず、しかし現代にあった遊び心も忘れず、麦本来の味が楽しめるパン作りに日々いそしんでいます。

 

コーンブレッド

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89

川中が、少年文学『トムソーヤーの冒険』に出てくるトウモロコシパンから想を得て作ったのがコーンブレッドです。
トウモロコシの皮と胚芽を抜いて粉にしたコーングリッツを混ぜて焼きました。
粉の大きさにより、コーングリッツ > コーンミール > コーンフラワーに分類され、コーングリッツがいちばん荒く挽いたものです。
口の中でさっくりと崩れる粒々が、食感の変化をうみだしています。
コーングリッツは外国産のトウモロコシを使ったものが多いのですが、こちらは北海道産100%。
ポストハーベスト(収穫後の農産物に散布する農薬のことで、長距離を輸送する際、カビや害虫の発生を防止するために使用される)の心配がなく、地場の食材を使って農家さんの応援につなげたいという私たちの気持ちにも沿うものが見つかりました。

川中は、コーングリッツをローストし、焼きトウモロコシのような香ばしさと甘みを引き出しました。
パウンドケーキのような見た目ですが、ヘルシーなパンです。
アメリカの素朴な家庭の味をぜひ楽しんでください。
ジャムを塗ったり、ハムや野菜をはさんでサンドイッチにするのもおすすめです。