シロクマベーカリー

*

北海道HACCPの認証を取得しました!

     - オーガニックパン

★オーガニックファクトリー

 

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。
このたび、オーガニックファクトリーで焼いているオーガニックパンが、「北海道HACCP自主衛生管理認証制度」の認証を受けました。

今回のブログでは、北海道HACCPについて詳しくお伝えしていきます。

 

北海道HACCP自主衛生管理認証制度とは

北海道が、消費者に安全な食品を提供するために創設した制度です。
食品を製造している施設等が自主的に行う衛生管理方法について、北海道が独自に基準を設定しています。
これからは、より一層、食品の安全性が重要視される時代。
私たちも、オーガニックファクトリーで焼いているパンを、皆さんに安心して召し上がっていただくため、いまから1年前に認証の取得に向けて動き出しました。

■HACCP(ハサップ)
食品製造の各工程において、どのような危害が起こりうるかを予測し、それらの危害を防止するため、継続的に管理・記録を行うシステムのことです。

危害は、大きく次の3つに分けられています。
・生物的な危害(病原性細菌など)
・化学的な危害(農薬など)
・物理的な危害(金属片など)

オーガニックかぼちゃロールを例に引くと、53に及ぶ工程すべてにおいて、危害が混入する可能性を分析し、それらを未然に防ぐ対策に基づいて製造しています。

 

金属検知器をかけているところ。 鉄・ステンレスが混入していないか検査。

金属検知器をかけているところ。
鉄・ステンレスが混入していないか検査。

 

■一般的衛生管理
工場内外の清掃・器具の洗浄や消毒・作業衣の交換など、衛生管理についての手順を細かく定め、遵守しています。

ずらりと並んだ、衛生管理の点検表。 毎日チェックしています。

ずらりと並んだ、衛生管理の点検表。
毎日チェックしています。

洗い終えた用具は、すぐにシンクから離します。 飛沫がかかるのを防ぐためです。

洗い終えた用具は、すぐにシンクから離します。
飛沫がかかるのを防ぐためです。

 

一般的な衛生管理とHACCPの運用が両方できてはじめて、認証を取得することができます。
認証機関のチェックを受け、都度、至らない点を改善しながら、取り組みから約1年後の2018年7月31日に無事、取得できました。

 

北海道HACCPの認証書です。

北海道HACCPの認証書です。

 

有機JAS認証に加え、北海道HACCPの認証も受けたことで、オーガニックパンをさらに安全に提供できることに、私たちも喜びを感じています。
認証を受けたことがゴールではありません。
これからも安心で美味しいパンを作るため、精進していきたいと思います。