シロクマベーカリー

*

冷凍パンの美味しい解凍方法

     - お知らせ, オーガニックパン

オーガニックパン集合

こんにちは。シロクマベーカリー広報の片瀬です。

さて、前回のブログに続き、今回は「冷凍パンの美味しい解凍方法」をお届けします。

シロクマベーカリーでは、オーガニックパンを冷凍便で全国のお客様に配送しています。
マイナス30度で急速冷凍することで、焼きたての新鮮な味と香りを閉じ込めました。

「この美味しさを100%復元したい!」と思った私たちスタッフは、皆でパンを持ち帰り、自宅でいろいろな解凍方法を試してみることに。
パンの風味を損なわないことはもちろん、あまり手間がかからない簡単な方法で、というのもポイントにしています。
パンの種類別に、おすすめの解凍方法をご紹介していきましょう。

 

食パンの解凍方法

ブレッドのカット

 

パンナイフの刃が入るまで半解凍し、お好みの厚さに切り分けます。あとはそのままトースターで焼くだけでOKです。
薄くスライスした場合は水分がとびやすいので、霧吹きで軽く湿らせてから焼くと美味しく仕上がります。
焼かずに食べる場合は、自然解凍してください。
室温20℃で、約2時間で解凍できます。
小麦の甘みがしっとりと舌に残る感じで、こちらも美味しくいただけます。

 

ラップして密閉袋へ

 

大きなパンをお店で購入し、ご自身で冷凍する場合は、あらかじめ召し上がる厚さにスライスし、パンの表面が空気に触れないようラップでぴったり包んでから冷凍用の密閉袋に入れると、乾燥と匂い移りを防ぐことができます。
ちなみに、シロクマベーカリーのオーガニックブレッドをご注文される際には、「一斤×1本」または「ハーフサイズ×2本」からお選びいただけます。

 

カンパーニュの解凍方法

カンパーニュ

 

パンナイフの刃が入るまで半解凍し、お好みの厚さに切り分けます。
クラスト(外皮)のパリッとした食感が持ち味なので、トースターで焙るのがおすすめです。
香りも立ち、美味しく召し上がれます。

 

ベーグル&ロールパンの解凍方法

トースター

 

トースターで焼くと、サクッとした食感に。
電子レンジで20秒ほど軽く温めてからトースターで焼くと、もちっとした食感になりました。
レンジをかけすぎると固くなってしまいますので、蒸気が出るまで温めないよう、時間を加減してください。
小さなパンは水分がとびやすいので、霧吹きで湿らせてから焼くと美味しく仕上がります。
水にさっとくぐらせてもOKですよ。
表面が焦げそうなときは、アルミホイルをふわっとかけて焼いてくださいね。

今回は、トースターと電子レンジで手軽にできる解凍方法をご紹介しましたが、他にフライパンや蒸し器でも試してみましたので、ご参考まで。

 

フライパン

 

フライパンで試したスタッフの山崎さんによると、「冷凍庫から出したパンに水を少しかけて、蒸し焼きに。最後に蓋をとって、焦げ目がつくくらいまで焼くと、ふっくらもちもち、とっても美味しく出来ますよ!」とのこと。
また、食パンを厚めに切って蒸し器で蒸すと、しっとりとして美味しかったです。
気になる方法がありましたら、ぜひお試しになってみてください。
皆さまのご感想や、「こんな方法もあるよ!」の声をお待ちしております。

それでは、美味しく、いただきまーす♡

 

レーズンロール焼き上がり

 

シロクマベーカリーのオーガニックパンのご注文はこちらから。