お店のおはなしお店のおはなし

緑の屋根のお店で
焼きたてパンを楽しむ

いつも北海道産小麦の香ばしさ漂うお店には
職人が早朝から焼いた
新鮮なパンがいっぱいです。
お買い求めいただいたパンをそのまま二階で
味わうことも可能です。

お店づくりとブランドイメージ

シロクマベーカリー

1947年、本格的なヨーロッパ式のパンづくりを志して函館で産声をあげたシロクマ北海食品は1970年に札幌に拠点を移し、以来「シロクマパン」のブランド名で皆様に親しまれて参りました。
北海道では古くから小麦の栽培がさかんでしたが、パン作りに適した品種「はるゆたか」が誕生したのは1986年のことでした。
安心でおいしい地元の素材を使ったパンを多くの人に食べていただきたい。そう考えた私たちは、道産小麦にこだわったパンづくりに着手。1997年には札幌市西岡に道産小麦だけを使った焼きたてパンの店「れもんベーカリー」を開店しました。
食の安全性への関心の高まりを受けて2009年からは有機農法による小麦を使ったパンの製造を目指し、小麦生産農家との協働で畑作りからの取り組みを開始。有機JAS認証も取得し、2014年、道産小麦100%のオーガニックパンを完成させました。
2015年9月、焼きたてパンの店を白石区本郷通りに移転、店名は創業時の思いを込めて「シロクマベーカリー」としてリニューアルオープン致しました。

アートディレクション

シロクマベーカリーの店舗・ロゴのデザインは、国際的に活躍する現代美術家・ミヤケマイ氏の豊かなイマジネーションにあふれたアートディレクションによるものです。

余分な材料は極力使わず、素材の味わいを活かすという弊社のパンづくりの基本理念にそった、自然で素朴な色使い。エンブレムのシロクマは、ミヤケマイ氏が実際に北海道の小麦畑に立って得たインスピレーションをもとに描き出したもので、北の森の奥深くに生きる聖獣「白き熊」の姿です。
白き熊は、強く、気高く、雄大な精霊。
大地の豊かな恵みや自然の大いなる力の象徴であり、その偉大さを人々に伝える大地の守り神です。
その背には自然に対する先住民の敬いや畏れを示す紋を負い、額には道なき道を歩む者のしるべとなる北辰(北極星)の印を刻んで、北海道開拓の精神を象徴しています。

パン

シロクマベーカリーでは毎日80種類以上のパンを焼いています。
私たちのパンづくりの基本は、北海道産麦の美味しさを最大限に引き出すことにあります。
噛みしめるほどに素朴な美味しさが湧き出てくる、田舎パンや、バゲット。
「塩パン」や、米粉を使った「ダッチロール」などの食事パン。
「天然酵母パン」や人気の「きたのかおり食パン」、大麦パンなどの食パン類。
「シロクマの手」を始めとする菓子パンやデニッシュペストリー。サンドイッチなどの惣菜パン。
それぞれに個性的なパンの、豊かな味や食感を通じて、私たちが立つ北海道の大地のすばらしい力を感じていただければと思っています。